GO TO で岐阜(十八楼・長良川温泉)に行ってきた

旅行
chunchan
chunchan

岐阜って関東から行くといくらかかるの?

長良川周辺って何があるのさ。

東京発の新幹線の混み具合と岐阜への行き方

8月21日(金)の平日の朝9時くらいの新幹線に乗りましたが

混み具合・・・スカスカです。ちなみに自由席です。

後ろも前も横も人がいなくてスペースを確保出来るくらいに空いていましたので

これなら指定席乗らなくて大丈夫そう。

新幹線といったらお弁当ですね。

十八楼を予約(岐阜市の長良川温泉に泊まろう!)

岐阜って北のほうに行くと下呂温泉とか合掌造りの有名な白川郷とかあるんですけど

電車で行くには結構辛い・・・

ということで、今回は電車で行ける範囲の場所ということで、岐阜市の長良川温泉に行ってみました。

今回は、「十八楼」という宿に宿泊。

一休.comで予約してみました。

宿泊合計46,200円(大人1人 23,100円×2人)

ここからGO TOで-16,170円、一休.comの即時利用クーポン2,310円使用で

最終的な合計額27,720円

二人で3万円以内!(夕食・朝食付き)

交通費は往復で大人1人21,560円です。

GO TOはパック旅行じゃないと交通費に適用されないのですよね。

なので一休.comで大人2人で行くと、27,720円(GO TO反映後)+43,120円=83,160円!(結構高い)

これはあれですね、交通費とのパック旅行が絶対お得ですね。

ということでJTBで予約してみましょう。

交通費+宿泊費で72,600円です。(GO TO反映前)これだけでもJTBの方が安いですね。

GO TOを反映するとここから35%オフなので47,190円。(交通費込み)

地域共通クーポンは11,000円もらえます。(現時点で9月以降の旅行とされていますがいつから配布なのか未定)

交通費にも割引が入ると35,970円も違います!(すごい!!)

ただし帰りの時間はこの日程ですと11:49発一択です。

のんびりゆっくり旅行したいなって場合はちょっと融通効かないかもしれませんが

それでもこの安さなら交通費込みのパック旅行がいいですね。

ちなみに名古屋駅から岐阜駅までは電車で20分ほどです^^

十八楼に泊まってみた

お部屋

長良川が目の前に見えるお部屋ということでドキドキ。


今回私たちが案内されたお部屋は514号室。

部屋へ入るとこんな感じ。消毒液がきちんと置いてあります。

襖を開けると・・・

目の前には長良川。とっても綺麗。

水回りはこんな感じでした。

洗面所。歯ブラシとクシとドラーヤーはお部屋にあります。

コロナ対策のため、髪の毛を乾かすのは大浴場の脱衣所では無くお部屋でとのことでした。

化粧水とかもちゃんと置いてありました!

クレンジングは洗顔とセットになっています。

トイレ

一応部屋にお風呂もありますが、広い大浴場があるのでそちらに行きましょう。

大浴場は1階と2階にあり、朝と夜で男女のお風呂が入れ替わります。

なんでそんな面倒なことするのか・・・と思っていたら、お風呂の造りが全然違うんですね〜〜

なのでみなさまには是非夜と朝の2回行っていただきたいです。

雰囲気全然違うので、とてもいいですよ〜

お風呂前の

夕飯

旅館に宿泊すると楽しみなのは夕飯ですよね。

今回はお部屋でご飯では無く、旅館の向かい側にある別の建物のレストランでいただきました!

そんなに広くは無く、天井が高い蔵がレストランになっています。

時季の蔵|十八楼

17:30~か19:00~を選ぶことができました。私たちはお腹いっぱいだったので19:30~にしました。

さてメニューですが、こちらは前菜。鬼灯トマトがとても美味しかった〜

とうもろこしのお豆腐・長芋のお豆腐・蓮根酢漬け・鬼灯トマト・カモロース・川海老甘露煮・菜の花味噌和え・鮎油煮

続きましてお吸い物

ハモのすまし汁

そしてお刺身 お醤油がとても美味しかった。3年間熟成させたものだとか。

そして焼き物。この緑色のお酢をつけると臭みが消えるのだとか。

鮎の塩焼きと五平餅

炊き合わせ 鰻のお豆腐と湯葉〜〜

そしてメイン飛騨牛!やっぱ美味しい。ほっとする感じ。

ご飯ものは鮎の雑炊。もう食べきれない。

でもデザートは別腹。マンゴーのプリンに、メロンとスイカとぶどうとブルーベリーと生クリームが乗っています。

非常に美味しかったです〜ご馳走さま。

朝ごはん

朝ごはんは7:30~でした。

会場は1階にある宴会会場でした。

まずはお味噌汁やご飯やお魚を取ってきます。(セルフサービス)

これだけでも十分な朝ごはんですが、席にはこちらも用意されていました。

ご・・・・豪華。食べきれない。

食事も夕朝合わせてとても満喫できました〜!

岐阜市の見所

岐阜駅周辺

さて、岐阜に来たはいいが、具体的に何があるの?というところですが

まずは岐阜城がありますね。

ロープウェイで山頂まで。

ちなみにハイキングもできるらしいですが、この気温では・・無理。


岐阜城の中には展示物がありますが、そんなに広くない。

クーラーあんま効いていませんがマスク必須・・・きつい。

でも景色は綺麗〜〜大きく流れる川は長良川です。

あとリスがいました。ご飯をあげることが出来ます。(結構がっついてくる)

あと、もし2泊するなどで朝食に行く機会があればラスティコがオススメ。

これは何かというと・・・パン屋さんなのですが、モーニングをやっています。

コーヒーとパンがセットで付いてくるのですが、値段がすごい。なんと500円。

色々なパンが付いていて味がそれぞれ違うので飽きない。

組み合わせは1人1人違うので交換しても楽しい。

もし食べきれなかったら袋をもらって持ち帰れます。

モーニングは11:30まで。14:00からはおやつプレートとかいうのが同じ値段で出るらしいので、こっちもいいですね。

十八楼周辺

十八楼の宿周辺を散策。川原町というみたいです。

こんな感じの昔ながらの街並みが続いています。素敵〜!

今回はせっかくなのでカフェでお茶しました。

中がすごい。入り口入ってすぐはこんな感じのお土産やさん。

画像奥の階段を登ると・・・・

すごい数の人形・・・・・(ちょっと怖い。)

そして提灯。

カフェはどこなんだということですが、この入り口からもっと奥に、こんな感じの空間が。

奥に進むと別の建物に案内されます。

席についてから撮った写真。

すごい癒される〜〜〜

てなわけで岐阜の旅はこんな感じで終わりました。

番外編 名古屋

岐阜から名古屋は電車で20分くらいなので、余裕があれば名古屋への寄り道もオススメ。

名古屋といえば鰻ですよねえ・・・・

今回お邪魔したのは「うな富士」開店前に行きましたが、前に並んでいる人(20人くらい)がいて

席が埋まってしまい、1サイクル待つことに。(30分くらい?)

とっても人気のお店なのだとか。

東京の鰻ってふわふわしていると思いますが、名古屋のここの鰻はカリッとしてふわっとしている絶妙なバランスなのです。

せっかく来たのでひつまぶしを注文。4,400円。

食べ方があり、1回目はお茶碗によそって普通に食べる。2回目は薬味(ネギ)を乗せて食べる。3回目はおだしをかけていただく。

私は薬味入れて食べるのが一番美味しかったな〜

あ、ちなみに東京にもうな富士のお店あります。笑

人気だから東京進出していたのですね〜有楽町です。値段ちょっと名古屋より高いけど。

炭焼 うな富士 有楽町店 |
■ミシュランガイド愛知・岐阜・三重2019特別版にて「ビブグルマン」を受賞。■口コミサイト食べログ「THE TABELOG AWORD2020」選出。うなぎの激戦区、名古屋市にある老舗"うな富士"は、わずか30席ほどの小さな店舗に長蛇の列ができ、時には海外からも「うな富士のうなぎを食べたい」と人々が押し寄せます。世界が...

あと名古屋には名古屋港水族館があります。

シャチがいる!すごい!!!

なかなか名古屋も見所たくさんありますね〜

みなさまも是非GO TOを活用して旅行に行ってみてください。

他にもGO TOを活用した旅行記事ありますので覗いてみてね!

タイトルとURLをコピーしました